株式会社青柳

2018年08月28日
NICOpress157号新商品・新技術開発補助金(助成金)

体験を通して十日町の着物文化と本物の価値を伝えたい

株式会社青柳 代表取締役専務 青柳 蔵人 氏
代表取締役専務 青柳 蔵人 氏

「外国の方に向けた体験型の商品は、ご自宅で使っていただける、飾っていただけるような、商品として恥じないものを考えています。“大地の芸術祭”や着物イベントを通して、十日町にこういう産業・文化があるということを知っていただきたいですね」と語る青柳専務。

 

丁寧な手仕事を間近で見学し着物の価値を実感

株式会社青柳は十日町市で80年の歴史を持つ着物メーカー。創業以来、オリジナリティのある作品にこだわってきた同社は、昭和50年頃から一貫生産システムを構築し、数年前からは着物が出来上がるまでの工程を見ることができる工房見学を受け付けている。「着物は高価なものですから、どのように作られているのかを直接ご覧になっていただくことで、『青柳のキモノ』の魅力と、その真の価値を実感してもらいたいという思いで始めました」と青柳専務は語る。

 

訪日外国人に向けて体験型の商品プランを開発

近年、外国人観光客の見学も増加しており、工房見学に付随したハンカチ染めや手描き友禅の体験も好評だという。「着物は技法的に奥が深いので、現場で見ただけでは理解しにくい部分があります。そこで見学後に体験をしていただくと、大変喜ばれますし、職人の技術の高さも伝わるのではないかと考えました」。
こうした反響から、同社は「訪日外国人向け商品開発支援事業助成金」を活用し、体験型の商品開発を含めたプランを企画。「自分の感覚や思いを込めてもらった商品を提供したい」と、見学後に染めや手描きなどの体験をしてもらい、その生地を使って同社がクッションやテーブルクロスなどの商品に仕立て、体験者に渡すというプランを考えている。

青柳のキモノ
株式会社青柳 工房見学
株式会社青柳 工房見学
海外からのツアー客が訪れることも多い同社。工房見学や染めなどの体験のほか、要望によっては実際に着物に触れたり、着用することも出来るため外国人に喜ばれている。

 

観光と産業のマッチングでインバウンド市場を拡大

「十日町きものまつり」をはじめ、今年5月には市内13社の着物工場を見学できる「十日町きものGOTTAKU」を開催するなど、着物に焦点を当てた観光に力を入れる十日町市。今夏は3年に1度の「大地の芸術祭」が開催され、外国人も多く訪れることから、地域と企業が一体となって『きものの十日町』をアピールしている。
「これからは観光と産業のマッチングが大事になってくると思います。そして、メーカー側から発信し、消費者に直接語りかけることでメーカーのブランド力を上げていくことが重要。当社は一貫生産の工房を持っていることが強みなので、そこを知っていただくことでブランド力を上げたい。そのためにも芸術祭や観光とうまくマッチングしていきたいです」。 お客様の心をつかむモノづくりのストーリーや伝統技術の体験で、地域産業と連携した観光への取り組みが加速し、十日町のインバウンド市場をさらに盛り上げていくだろう。

桶染め
引染め
反物を桶に詰めて浸し染めにする「桶染め」は、十日町では同社でしか行っていない伝統の絞り染め。90度以上もある染料の中に桶を入れて染め上げる。この他にも「引染め」や「型染め」など、職人の高度な技にふれながら着物文化のストーリーを体感していく。

 

インバウンド市場に向けた展開ポイント

  • モノづくりの工程を見せることで商品の魅力と価値を伝える
  • 体験を絡め、より思い入れのある商品を提供する
  • 地域と企業が連携し、着物産業を外国人にアピール

会社情報

株式会社青柳NICOクラブ会員

〒948-0068 十日町市栄町26-6
TEL.025-757-2171
FAX.025-757-8545
URL https://kimono-aoyagi.jp/

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)