第一食品株式会社

2017年11月20日
NICOpress145号新商品開発海外展開補助金(助成金)

さまざまな食品メーカーが海外展開を進める中、第一食品株式会社は中東ドバイやシンガポールなど経済の躍進がめざましい国での販路開拓に力を入れている。最新の商品開発についての取り組みや、今後のビジョンについて伺った。

四季をイメージした商品で海外展開にはずみを

NICOクラブ会員
第一食品株式会社
取締役 営業部長 山田 寛子 氏

大手ではないからこそできた国産原料のプレミアムアイス

「贅沢最中」などの人気商品で知られる第一食品株式会社は、今年4月、新商品のモナカアイス「みもな」を発売した。北海道産小麦や国産フルーツ、ミネラル豊富な奄美諸島産さとうきび糖など、原材料にこだわった逸品だ。開発の背景について山田部長は「アイスの単価が100円程だった約17年前から『贅沢最中』という1個150円のアイスを販売してきましたが、最近の価格は1個130円程と差がなくなってきました。そこで『贅沢最中』では難しかった、原材料にとことんこだわったアイスを作ろうと思ったのです」。

「みもな」は完成まで約1年を要した。「栗やイチゴなど、国産の加工用原料は量を確保するのが困難で、大手メーカーではロットが合わず難しい。中小規模の弊社だからこそ特徴ある商品ができたと思います」と山田部長は話す。

p08_山田寛子氏
「女性である私自身が食べたいと思うもの、まだ他社にはないものを先んじて作るのが好き」と開発のこだわりを語る山田部長。過去にはゴルゴンゾーラチーズ&いちじくという驚きの組み合わせのアイスが大ヒットした。

“和”のブランディングで新たな海外市場も意識

「みもな」は、日本の四季をイメージした4つの味を展開する。“和”の情緒を大切にしたネーミングや洗練されたパッケージは、国内はもちろん、海外市場も視野に入れて考えられたものだ。同社は5年ほど前からアジアなどへの海外進出に取り組み、昨年からはNICOの「海外市場獲得サポート事業」を活用。新たな富裕層マーケットが期待できるドバイやシンガポールでの展示会や市場調査を行ってきた。

近年は日本食レストランの進出に伴い、業務用のニーズが高まっている。また、チョコレートアイスは日本より濃厚なカカオ味が好まれるなど、現地調査で初めて分かることも多いという。「展示会だけでなく、何日か滞在して市場調査や企業訪問を行い、現地をリアルに感じてみることも重要でした」。

p08_第一食品株式会社01
国産原料を贅沢に使った「みもな」(オープン価格220~250円)。勉強会で知り合った外部ディレクターと組みパッケージを作成し、イメージ動画をSNSで拡散するなどプロモーションにも力を入れる。

ジャパンクオリティのモナカアイスを世界へ

昨年、自社ウェブサイトを英語と中国語に対応させ、アクセス数が飛躍的に伸びたという同社。現在、海外売上は全体の約1割。4年後までに2割に伸ばすことが目標だ。

また、海外では大福アイスが人気だという。「弊社の海外展開は大福アイスがはじまりですが、一番の強みはやっぱりモナカアイス。コーンやバータイプとも違う、『日本のワンハンドアイス』を世界に広めたいですね」と山田部長。日本のモナカアイスの海外でのヒットに期待したい。

p08_第一食品株式会社02
全国からバイヤーが集まるスーパーマーケット・トレードショーでは新潟の地域性をPR。越後姫や茶豆を使ったご当地モナカアイスを出展し好評を得た。

p08_第一食品株式会社03
アイスクリーム工場は夏が繁
忙期。海外で人気の大福アイスを冬に製造することで、工場の年間安定稼動というメリットもある。

NICOのコレを活用!

平成28・29年度「海外市場獲得サポート事業」を活用し、シンガポールの展示会出展やドバイでの市場調査などを行う。スーパーマーケット・トレードショーにもNICO共同ブースで出展。

企業情報

NICOクラブ会員
第一食品株式会社
〒959-0132 燕市分水あけぼの1-1-71 TEL.0256-91-3111 FAX.0256-91-3135
URL http://www.daiichisyokuhin.com/

 

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)