合同会社ひととき

2017年07月03日
NICOpress139号商品評価・ブラッシュアップ新事業展開新商品開発販路開拓

佐渡と東京に拠点を置き、佐渡で製造したコンフィチュールや焼き菓子を、首都圏で販売している合同会社ひととき。佐渡の活性化を目指して始まったプロジェクトは、女性の感性をとことん意識した商品開発で、佐渡に新たな価値をもたらそうとしている。

佐渡発のお洒落で可愛いスイーツ。東京の女性たちへ佐渡の魅力をアピール!

合同会社ひととき
業務執行役員 武田 俊  氏

佐渡で雇用を生みながら活性化に貢献する事業を

合同会社ひとときは、佐渡産の野菜や果物などを使ったコンフィチュールや焼き菓子などを製造し、東京を拠点に販売。佐渡の新しい魅力を創造、発信している会社だ。同社は東京の広告代理店、㈱文化アディックの関連会社として2013年に設立。佐渡に生産拠点とカフェがあり、東京事務所と連携して業務を展開している。

プロジェクトは、佐渡出身という㈱文化アディック・社長の「故郷の活性化に貢献したい」との強い思いをきっかけに、息子である武田氏を中心に始動。社名は、佐渡の「ひと」、自然の象徴の「とき」から名付けられた。「佐渡で雇用を生み、いわば外貨を稼いで佐渡に還元するにはどんな形態がいいのかを考えて、事業を組み立てていきました」。

p8_%e5%90%88%e5%90%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%81%8d01 p8_%e5%90%88%e5%90%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%81%8d02

p8_%e5%90%88%e5%90%8c%e4%bc%9a%e7%a4%be%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%81%a8%e3%81%8d03
「ジンジャーとパンプキンのマーマレード」「紅さやかとピノ・ノワールのコンフィチュール」など珍しい組み合わせのジャムが人気。レシピは社員たち自ら考案。パッケージもコストを検討しながらデザインやアレンジにこだわった(1 2)
佐渡にある古民家カフェ妙生庵 田は「PLUS HITOTOK!」のコンセプトを体感してもらう場所。商品も販売している(3)。

佐渡の豊かな食材を使い佐渡の人の手で丁寧に作る

「実は東京の人は、佐渡に対するイメージが無いに等しい。それならば購買意欲の高い20~50代女性に買ってもらえる商品を佐渡で作って発信しようと考えました」と語る武田氏。商品は保存性の高いものが条件。さらに、佐渡の豊かな環境で育った安心安全な食材を活用し、佐渡の人の手で丁寧に作ることを重視し、ジャムや焼き菓子、お茶などを手がけることにした。

ブランド名は「PLUS HITOTOK!」。「普段の生活にプラスすることで、気持ちがプラスになってほしい」という思いが込められている。商品の特長は、消費者の目を引くひとひねりしたレシピ。また、特にこだわっているのが「女子力の高い」パッケージデザインだ。

p8_%e6%ad%a6%e7%94%b0%e6%a5%ad%e5%8b%99%e5%9f%b7%e8%a1%8c%e5%bd%b9%e5%93%a1
「商品のファンになって、佐渡のカフェを訪れてくれた東京のお客様もいらっしゃいます。商品販売だけでなく、佐渡や人、さまざまな繋がりが生まれたらうれしいですね。
佐渡島という存在、ブランド価値を首都圏消費者へ伝えたい。」と語る武田業務執行役員。

「素敵なモノ」に敏感な女性たちへ佐渡を発信

現在、女性に人気の通販サイトでの販売が好調に推移。10月からは首都圏の各地で開催されているマルシェイベントに参加し、認知度を高めていきたいとしている。さらにNICO主催の商談会にも参加し、高級スーパーなど販売拡大を目指す。

佐渡はさまざまなフルーツが栽培されているので、今後は農家と繋がりを深め、共に新しいものを創りたい考えだ。「佐渡と東京の両方に拠点を持っているのが我々の強み。当社がセレクトした他社商品も加えながら、佐渡の活性化につなげていきたいです」と武田氏。女性が「可愛い」「素敵」と感じるモノに注目したアプローチは、佐渡の新しい扉を開いてくれそうだ。

企業情報

合同会社ひととき
本社・佐渡事業部/〒952-0026 佐渡市立野333 TEL.0259-67-7818
東京事業部/〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-3-5寿ビル3F TEL.03-3291-7027 FAX.03-3291-3371
URL http://plus-hitotoki.jp

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)