株式会社このみ

2018年02月05日
NICOpress 150号専門家等相談新事業展開海外展開補助金(助成金)

日本発の「SEIFUKU」ファッションを世界に発信していきます。

株式会社このみ 代表取締役 相浦 孝行 氏
代表取締役 相浦 孝行 氏

「商標の外国出願は経費がかかるのでNICOさんの補助金はありがたいですし、海外展開の具体的なアドバイスや情報をいただけるのも助かっています。」と語る相浦代表。これまで培ってきたモノづくりの基盤を活かし、国内でも新たな事業に着手していきたいという。

 

一人の女子高生の声が制服づくりのきっかけに

学校指定の制服がない中高生を対象にした「フリー制服」の企画・製造・販売を行う株式会社このみ。婦人衣料品店を営んでいた同社が制服を手掛けることになったのは、2000年頃、一人の女子高生から「高校の制服がなくなってしまったけれど、かわいい制服をどうしても着たい」という声を受け、オーダーメイドしたことがきっかけだ。
同じニーズが多いことに気付いた相浦代表は、ブランド制服の販売を開始。さらにトレンドの最先端である東京での出店を目指し、NICOの支援を利用して経営革新計画に取り組んだ。「小さな店でしたから、新しいコンセプトのショップを作るには、まずは社会的信用を得ることが必要だと考えました」と相浦代表。承認を受け、2008年、原宿竹下通りに制服ショップ「CONOMi」をオープン。長野、大阪、さらに2017年9月には香港に出店し、順調に実績を重ねている。

CONOMiのフリー制服

上品で清楚なイメージを大切にしたCONOMiのフリー制服。映画・ドラマ・CMなど、多くの衣装協力も行っている。商品展開は有名デザイナーではなく、女子高生の声からつくられる。

 

徹底した品質の追求と学生目線に合わせたデザイン

2009年にオリジナルブランドを立ち上げ、保護者や学校にも支持される制服ブランドとして成長してきたが、その背景には品質の追求がある。糸づくりから生地の開発、縫製まで自社で行う一貫製造体制を約7年かけて確立。機能性の向上にも力を入れ、3年間安心して着ることができる制服づくりをモットーにしている。
さらに、もう一つのこだわりが学生目線に合わせたデザインだ。「私たちは店で直接お客様の声を聞けるのが強み。女子高生たちの微妙な感覚をキャッチし、半歩先を行く商品を作ることが大切です」。形がほぼ決まっている制服だからこそ、わずかなデザインの変化、スカートの数センチの長さの違いが重要になってくるのだという。

 

中国でのビジネス展開に向けて上海の展示会に出展

日本の制服はアジアやヨーロッパでも人気が高く、同社はこれまで各国でファッションショーを開催してきた。3年前からは上海の展示会に出展し、日本で行われている制服コンテストも開催。現在はNICOの事業コーディネーターに相談しながら、中国でのビジネス展開に向けて歩みを進めている。「これからもNICOさんには、親身になって相談に乗ってくれる存在でいてほしい」と語る相浦代表。海外事業を一つの柱として力を注ぐとともに、制服の可能性をさらに追求しながら、日本が誇るファッションとして世界へ発信していく。

SEIFUKU AWARD

「Gift Show in 上海」では、日本でも同社が主催している、制服が似合う学生を決めるコンテスト「SEIFUKU AWARD」を開催。SNSでの反応も大きく、数百人の応募があり、大きな反響を呼んだ。

 

NICO支援メニュー活用

平成19年度経営革新計画「自由スタイルの通学服の首都圏アンテナショップの経営」の承認を受け、原宿竹下通りにフラッグシップショップ「CONOMi」をオープン。「海外見本市等出展事業助成金」「海外展開に関する個別相談」を活用し、中国での展示会出展や、海外展開に向けて取り組んでいる。

会社情報

株式会社このみ

〒944-0008 妙高市柳井田町3-2-5
TEL.0255-78-7711
FAX.0255-78-7723
URL http://www.conomi.jp

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)