株式会社マルト長谷川工作所

2018年02月02日
NICOpress 150号新商品開発海外展開補助金(助成金)

創業からのパイオニア精神で世界トップレベルに挑みます。

株式会社マルト長谷川工作所 長谷川 直哉氏
代表取締役社長 長谷川 直哉 氏

「MARUTOは早く結果を出すことができましたが、本来、刃物商品はヒットするまで10年はかかります。そういう意味でも点ではなく線で、その商品のストーリーに対して、より長く支援していただける事業をNICOさんに期待しています」と語る長谷川社長。

 

品質と機能美を追求した製品を20カ国以上に販売

株式会社マルト長谷川工作所は、93年の歴史を誇る金属加工メーカー。機械による精密な加工と職人の技術が融合した高品質の製品は、世界20カ国以上で販売されている。
ペンチやニッパーなどを主力とした作業工具ブランド「KEIBA」は、創業当初から続く代表ブランドだ。「初代や2代目は、ものすごくパイオニア精神があったと思います」と長谷川社長が語るように、同社は昭和初期に県内で初めてスプリングハンマーを導入し、機械化を促進。50年以上前から輸出を始めるなど、先駆的な取り組みを行ってきた。また、工具業界の中でも一早くデザインに力を入れ、これまで70以上のデザイン賞を受賞するなど、機能美を備えた製品を生み出している。

MARUTOのネイルニッパー

創業時から培った技術を活かしたMARUTOのネイルニッパー。ロンドン、ウィーンに販売拠点を開設し、2015年にはオーストリアの刃物職人へのメンテナンス技術研修も行った。

 

ネイル産業の成長に着目し理美容ブランドを設立

近年、作業工具の生産は新興国が台頭してきたことから、同社は2000年頃から第2の柱となる事業を模索。そこで着目したのが、当時急激に成長してきたネイル産業だった。「昔からOEMで爪切りの生産はしていましたが、当社の技術とノウハウを活かした高付加価値の商品を新たに開発し、ブランドとしてリニューアルすることにしたのです」。こうしてNICOの「高付加価値化サポート助成事業」を活用して、2012年にネイルニッパーを中心とした理美容品ブランド「MARUTO」を立ち上げた。
さらに、ネイルニッパーは圧倒的に海外の需要が多いため、「海外市場獲得サポート事業」を活用し、ヨーロッパでの展開を広げた。また、2015年には海外の展示会に11回出展するなど、販路開拓に向けて、精力的な動きをしてきた。

 

世界のネイルアーティストが絶賛。海外進出の弾みに

「NICOさんの支援事業のおかげで、リブランドから海外進出まで一気に進めることができました」というように、短期間で高い評価を得たMARUTO製品は、各国の有名ネイルアーティストが使用。さらにドイツの一流ネイル講師、ラルフ・バーチ氏がMARUTOのニッパーを使った日本式ネイルケアを絶賛。ドイツ最大のネイルイベント「ビューティー・デュッセルドルフ2017」では同氏が実演の解説を行い、注目を集めた。
「今後は支援も活用しながら、より付加価値が高く、よりニッチな商品で、世界の富裕層をターゲットにシェアを広げたい」という長谷川社長。これからもMade in Sanjo Japanにこだわり、受け継がれてきたパイオニア精神で新たな挑戦を続けていく。

3回目の出展となる「ビューティー・デュッセルドルフ2017」ではラルフ・バーチ氏とコラボレーションし、MARUTOのニッパーを使った日本式ネイルケアを紹介。ブースでの展示販売も大盛況だった。

 

NICO支援メニュー活用

平成25年度「高付加価値化サポート助成事業」を活用し、ニッパー型爪切りを中心とした理美容品ブランドの構築と、そのための商品開発に取り組んだ。平成26年度から「海外市場獲得サポート事業」を活用し、海外の販売拠点開設や展示会出展、ネイリンピアロンドンへの出展などを行っている。

会社情報

株式会社マルト長谷川工作所NICOクラブ会員

〒955-0831 三条市土場16-1
TEL.0256-33-3010
FAX.0256-34-7720
URL http://www.keiba-tool.com

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)