令和2年度:産学連携コーディネート

2020年11月17日
 現在の状況 
随時受付
次世代産業技術創出支援事業(助成金)の活用事例を追加しました

 新産業創出の有望な手段の一つである産学連携を促進するため、各種研究会の開催や、企業と大学による共同研究のコーディネートなどを行います。

 また、有望な共同研究等の案件に対しては、国等の補助事業や委託事業を導入するため、共同研究体制の構築や申請手続きの支援、管理団体としての事業の実施などを通じて、産学連携による新産業の創出をサポートしています。お気軽にご相談ください。

〇産学連携関連支援 5つのメニュー

①まずどこに何を相談していいかわからない! 技術開発HUB

②研究開発系の補助金の情報や、イベントの開催状況を知りたい! 研究開発支援サイト

③新技術に関して情報収集し新たな事業にチャレンジをしたい! 次世代産業チャレンジ研究会

④中長期の研究を始めるための資金が必要! 次世代産業技術創出支援事業

⑤サポイン(国の競争的資金)で研究開発を進めたい! NICOのサポイン支援

 

技術開発HUB 

 大学や公設試(公設試験研究機関)と連携し、「定期相談会」「地域別相談会」「出張相談」「個別相談・支援」により、県内企業の技術開発を相談からサポートします。

※「定期相談会」「地域別相談会」は開催スケジュールがありますので、こちらをご確認ください。

※「出張相談」「個別相談」は随時受け付けています。

 

研究開発支援サイト

 研究開発に係る補助金、イベントに関するまとめサイトです。

〇掲載内容

・新潟県内限定の補助金(競争的資金)

・全国規模の補助金(競争的資金)

・県内で行われる講演会・セミナーの開催状況

・NICOの研究開発事例

・県内大学等のリンク集

 

次世代産業チャレンジ研究会 <次世代デジタルものづくり研究会>

 NICOでは、県内企業がデジタル技術を駆使し、顧客ニーズへの柔軟な対応と作業の効率化に対応できる革新的なものづくり体制を構築する取組を推進するため、「次世代デジタルものづくり研究会」を設置しています。

・セミナー:講師による先進技術に関するセミナー

(どなたでもご参加いただけます)

・金属3D積層造形分科会 :より踏み込んだ講演会や実際の工程へのトライアル

(研究会員のみ参加可能です)

※研究会員は随時募集していますので、ご興味をお持ちの方はぜひご入会ください。

 
次世代産業技術創出支援事業(助成金)

 次世代を担う新たな産業創造のため、国等の競争的資金獲得を目指す県内中小企業が、大学・試験研究機関等と連携し、新技術の開発前段階において実施する先行研究や事業可能性調査などを行う取組に対し、必要な経費の一部をNICOが助成する事業です。

 本事業に関するFAQはこちら

活用事例① 株式会社オーヒラ(南魚沼市)

「糖尿病網膜症スクリーニング診断支援システムの開発」

   <網膜画像の一例>

活用事例② 株式会社遠藤製作所(燕市)

「航空機エンジン用ブリスク(一体翼)の恒温鍛造技術開発」

    <ブリスクの一例>

 
NICOのサポイン支援

 NICOでは、経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)のサポートを通じて、県内企業の技術開発・製品開発をバックアップします!(これまで合計30件の事業管理実績)

〇サポート内容

・制度説明会、申請前相談会の開催(11月頃)

・申請書のサポート

・採択後の事業管理

・サポイン後の事業化フォロー

 

このページの情報に関する窓口は
次世代産業チーム
jisedai(アット)nico.or.jp
〒950-0078
新潟市中央区万代島5-1
万代島ビル9F
お電話・FAXによるお問い合わせ
お電話によるお問い合わせ 025-246-0068(TEL)
FAXによるお問い合わせ 025-246-0030(FAX)
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)
メールフォームによるお問い合わせ

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F・19F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)