株式会社想樹

2018年11月08日
NICOpress159号マッチング支援新商品・新技術開発販路開拓

農家がつながり「点」が「面」に。生産・企画力で他にはない価値を提供

株式会社想樹  代表取締役 土田 広樹 氏/取締役専務 白鳥 賢 氏/取締役部長 石黒 貴久 氏
代表取締役 土田 広樹 氏/取締役専務 白鳥 賢 氏/取締役部長 石黒 貴久 氏

「ある年、落ちて売り物にならなくなったル レクチエでハロウィンのランタンを作り、直売所に飾りました。それを面白がって一緒にやってくれたのが想樹の中心メンバー。そういう価値観を共有できる仲間とやっていきたい」と土田氏(写真中央)。白鳥氏(写真左)は加工食品の企画製造を担い、石黒氏(写真右)は生産のほか営業も担当する。

 

生のル レクチエを超える逸品を生み出したい

株式会社想樹は三条地域と果樹に強い思いのある5名が集まり生まれた農業法人。果樹生産はもちろん、加工商品も数多く展開する。その中でも「食べられる芸術品」として商談会でも注目を集めているのが「ルレクチェカービングコンポート」だ。新潟が誇る高級果実「ル レクチエ」が市場に出回る期間は、11月中旬~年明けの2カ月程度と非常に短い。県外の人も一度口にすれば豊潤な香りと美味しさに驚くが、その短さゆえ知名度は今ひとつだった。「年中味わってもらえるようにジャムなども作りましたが、生食の味や香りのインパクトをどうしても超えられなかった」と土田氏は話す。そんな状況を打破したのが、繊細なバラの花を彫刻したル レクチエだった。三条を拠点にカービング教室を主宰する伊丹氏、食品加工のノウハウを持つ白鳥氏と共に約4年前に開発し、商品化した。

株式会社想樹 ルレクチェカービングコンポート
株式会社想樹 ルレクチェカービング
フランス原産の洋梨と、タイの伝統工芸であるカービングという異文化が融合した「ルレクチェカービングコンポート」。「繊細な手仕事が日本らしい」と海外への手土産に求める人も。1瓶に1~1.5玉分のル レクチエを使用する。

 

商品バリエーションの拡大が商談に手応えを

この商品の評価から、生のル レクチエや他の果物への需要も急増。土田氏は梨専門の農家だったため、桃やぶどうを作る地元生産者に協力を呼び掛けた。そうしてできたのが想樹の前身である「三条果樹専門家集団」だ。メンバーについて土田氏は「変わり者の集まり」と笑う。「普通の農家ならやらない、未来のための仕事ができる人。三条の将来について、個々ではなく地域という『面』で考えられる人と一緒にやりたいと思いました」。
今年3月に株式会社想樹を設立。法人化にあたっては三条市の支援制度を活用し、千葉の大規模農業法人の経営指導を受けた。石黒氏は「生の果物や加工品など、現在約25品目を扱っています。商談ではバリエーションの多さに驚かれますし、その対応力が取引に繋がることもあります」と法人化の手応えを語る。

株式会社想樹 生のル レクチエ
株式会社想樹 約25品目
ジャムやドライフルーツ、アイスクリームなどの加工品まで約25品目を扱う。「こういう組み合わせはできる?」というオーダーにも、複数の農家が協力することで柔軟に対応できる。

 

「米だけではない新潟」を発信

新しい発想で挑戦を続ける同社。一方で最大の課題と感じているのが物流だ。「商談会で気に入ってもらえても、新潟は米以外の大規模な物流のルートが見当たらない。個々の農家がそれぞれのルートで行っています。しかしそれでは大消費地に近い他県に勝つことは難しく、市場を開拓できないため、次の世代も育ちません。果樹でも組織として強い農業法人が現れれば、新潟の農業にも産地として残れる未来があると思います」と白鳥氏は力強く話す。
取引は国内だけでなく、海外も視野に入れている。年明けにはタイ、シンガポール、香港で商談の予定だ。また、小規模ながらも物流販売のルートを持つ企業と繋がりができ始めているという。「まずは一つひとつの営業の積み重ね。将来はセンターを保有し、三条が誇る農産物を計画的に流通したいです」。同社が新潟の農業に投じる一石は、決して小さくないはずだ。

株式会社想樹 ドライフルーツ
株式会社想樹 ジャム
農園の力を結集し多彩な商品を販売。

 

ポイント

  • 生産や加工技術、各分野のプロが力を結集し、他にはない商品を企画
  • 個々の農家では難しかった大型受注を可能に

会社情報

株式会社想樹

〒955-0094 三条市大島1442
TEL/FAX.0256-46-0531
URL http://www.soju.jp/

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)