五徳屋十兵衛 合同会社五徳

2019年02月05日
NICOpress161号

しも町を元気にしたい。注目が集まる複合型カフェ

五徳屋十兵衛 合同会社五徳 代表社員 宮原 務 氏
代表社員 宮原 務 氏

「今後どんなコンテンツに絞っていくか、お客様を見ながら検討したい」と宮原氏。かつて廓文化があったこの地域の歴史を伝えるため、学識経験者やマスコミなどと勉強会を開き、春に花魁行列を行う計画をしている。

 

「みんなの居場所を作りたい」とカフェをオープン

新潟市中央区本町通の商店街にある五徳屋十兵衛は、2017年1月にオープン。カフェとともに、こだわりの食材や雑貨小物の販売、レンタルスペース、スタジオ撮影、囲碁倶楽部やレンタサイクルなど、多彩なサービスを提供するコンバインド(複合型)カフェだ。
この地域で開業した理由について、「昔からこの町が好きというのが一番の理由です。しも町は近所のつながりが残っています。会社員時代から住み、私の子どもたちも近所の人たちにかわいがってもらいました」と語る宮原氏。今では居住者が減少し、高齢化が進むまちを盛り上げ、「みんなの居場所を作りたい」という思いから、空き家だったこの建物からできることを始めてみようとスタートした。

五徳屋十兵衛
五徳屋十兵衛
奥行きのある店内はカウンターとテーブル席があり、落ち着いた雰囲気。カフェは8:30から22:30まで営業している。

 

体験型観光の花魁撮影が海外メディアで話題に

FacebookやTwitterでニーズを探り、コンテンツを増やしてきた同店。その中でも注目されているのが着物の着付けやヘアメイク、撮影まで行う和装体験のプランだ。「昔ながらの路地や建物が残っているので、着物で街歩きをすると絵になるのです。InstagramやTwitterに上げると、世界中の人から反応がありますよ」。
今年から始めた「花魁スタジオ撮影」も外国人観光客に好評。台湾・香港でユーザー数ナンバー1の日本観光情報サイトのアンケートで、300コンテンツの中のトップ3に花魁体験が選ばれたことから、新潟県を通して同店を紹介させてほしいという依頼が来た。「同じようなサービスは他でもありますが、ここは一人ひとりに似合う着付けやヘアメイクをするので、クオリティーの高い写真が撮れることが評価されています。また、旅行者は時間がないので、その場で写真のデータをお渡ししているのも特徴です」。

「花魁スタジオ撮影」も外国人観光客に好評

イタリアから訪れたご夫婦。着物が大好きという奥様に花嫁衣裳を着付けし、ヘアメイクをすると大喜びだったとか。帰国後、「着物のビジネスを始める」という報告があったという。

 

YouTubeで町の魅力を発信。新潟観光の発展へ

商店街と協力したコスプレイベントの開催や、週末の夜は「男装カフェ&バー」として営業するなど画期的な試みを行うことで、しも町に新たな交流人口を生み出してきた同店。「2年弱でここまで動き出したのは、この町が必要とされているから。しも町だからできること、やれることはまだまだたくさんあると思っています」と宮原氏は話す。今後もYouTubeチャンネルを使って、しも町の歴史や魅力を世界に発信し、新たな街づくりや新潟観光の発展へと繋げてゆく。

花魁撮影用のスタジオ 花魁 花魁撮影用のスタジオ

カフェの2階には花魁撮影用のスタジオがあり、和の伝統美を基軸としたセットが印象的。艶やかな花魁姿はSNS映えすると評判だ。現在、各旅行会社が訪日外国人向けに、同店の花魁体験を組み込んだ新潟のツアーを準備している。

 

ここがポイント

  1. さまざまな人の居場所となる店づくり
  2. 画期的なイベントや事業で交流人口が増加
  3. YouTubeで新潟から世界に発信

会社情報

五徳屋十兵衛 合同会社五徳

〒951-8067 新潟市中央区本町通12番町2762
TEL.025-201-6896
URL http://www.gotokuya.com/

メルマガ・SNS


ページトップへページトップへ
NICO 公益財団法人にいがた産業創造機構
〒950-0078
新潟市中央区万代島5番1号
万代島ビル9F・10F(NICOプラザ11F)

TEL 025-246-0025(代)
FAX 025-246-0030
営業時間 9:00~17:30
(土日・祝日・年末年始を除く)