第26回 ニイガタIDSデザインコンペティション 2016

システム

カラス撃退器

高渕 繁志

新潟県新潟市東区紫竹5-24-20

025-241-4454

  • 材料/
  • サイズ/110mm×110mm×45mm
  • 重量/300g
企画意図

人間と自然の共存において、鳥獣は人間の日常生活に少なからず影響を及ぼしています。 さりとて、殺傷処分する訳にもいかず悩みのタネになっています。 鳥獣を殺すこと無く撃退することが大きな社会的課題となっています。 本製品は、鳥獣の中でも特にカラスに有効です。反射光の照射範囲が広く、 また不規則なため樹木の枝葉に阻止されにくいため、上空を飛翔するカラスだけでなく、 巣作りをしようと樹木に留まるカラスにも有効に作用するものです。

デザイン・システム展開のポイント

・太陽光の反射を利用する素材として、プラスチック素材や鏡面仕上げの金属などと比較して、 反射する光量が多く、反射した光がクリアなガラス鏡を採用。 ・多面体(直方体)とすることで、適度に風の影響を受けて、不規則でランダムな反射光が得られ、 カラスの「慣れ」に対応。 ・取り付け位置については、独自のノウハウを所有しており、対象となる場所(住宅地、農地など) の条件に対応して取り付けることで、大きな効果を上げることが可能。

ニイガタ発の商品を見つける

生活市場へ向けた「新しい商品」、生活を支える「新しい仕組み」がニイガタにはたくさんあります。

開催年

カテゴリー