NICO

専門家・パッケージプラン検索

専門家プロフィール

専門家氏名 連絡先 写真
株式会社ビューティラボ
(カブシキガイシャビューティラボ)
代表者:中野 啓子
〒 102-0083
東京都千代田区麹町2-10-3
TEL:03-4405-6165 FAX:03-6685-4631
https://www.beauty-labo.jp/
 
経歴・沿革
1984年3月1984年3月
~1990年10月

2007年1月~2004年2月 

2004年2月~2005年3月
2005年4月~2005年12月
2007年1月~ 現在
多摩美術大学 グラフィックデザイン科卒業
株式会社キスミーコスメチックス(現 伊勢半)入社。パッケージデザイナー、商品企画プランナー、販促プランナー、広報、広告担当を歴任。

株式会社サナ(現 常盤薬品工業)入社。商品企画プランナー、販促プランナー、広報、広告、HP運営管理、営業企画、営業を歴任。

株式会社エーディーアール入社。企画開発部部長に就任。

株式会社ピュア・メディカルに入社。企画営業部部長に就任。

株式会社ビューティラボを設立 。代表取締役に就任。

取得資格 自己PR
特に化粧品会社と健康食品会社、医療品販売会社への経営支援を得意とします。中堅の化粧品会社2社で20年勤務して実務を経験した後、ベンチャー企業2社で2年間、店頭販売、通信販売、WEB販売、TVショッピングの実務と経営を経験しています。その際に、中小企業は大手や中堅企業と同じセオリーで行ってはいけないということを学びました。12年間続けている美容事業専門の経営コンサルタント業でも、企業の規模に見合うアドバイスを心掛けてきました。理想論や机上の空論ではなく、実務に沿った伴走をさせていただきます。

また、複数の実務担当をしながらも、毎月100~200メディアに無料で掲載され、社員10名で年商5,000万円の赤字企業を5年で年商30億円にしたPRの実績を持ち、そのノウハウを多くの中小企業様にご指導して成果が出ています。全国の商工会議所様・商工会様で広報セミナーの出講もさせていただいています。
得意分野 具体的支援内容
マーケティング分野
人事・労務分野
ネット・ビジネス分野
広報・広告・デザイン・薬機法
●チャネル開拓指導
●チャネル別の商品企画指導
●チャネル別の販売促進ツール作成指導
●無料でマスコミに掲載されて集客につながる広報指導
●薬機法や景表法に違反しないパッケージやパンフレット、広告、HPなどの表示方法指導
対応可能業種 具体的業種内容
製造業(食品など)
製造業(その他)
美容関連
化粧品・健康食品・美容機器・医療機器・ペット医療
指導実績業種 指導実績内容
農業機械製造
化粧品販売

化粧品小売店
食品加工
獣医
販路開拓で農業資材商社への紹介および営業同行
販路開拓および商品拡販支援、流通営業指導、既存チャネルの戦略見直し指導、新規チャネル構築指導
エステ新メニュー、販促企画、取扱商品の新規導入指導
パッケージ表記の法務(薬機法・景表法)、販促物企画指導
顧客(ペットオーナー)のリピート促進指導

(登録種別:個人) 更新日時:2019年04月24日

パッケージプラン

生産管理分野

NO.1

パッケージ
プラン名
売れる新商品企画または商品リニューアル企画支援について
指導効果
ポイント
商品やサービスは販売チャネル別で売れる条件が違います。商品価格・パッケージデザイン・販促物・販売時期・プロモーション企画・宣伝内容すべてをチャネルにマッチした内容にしなければ売れません。まずはどのチャネルで販売したいのかを決定後、それに合わせたハズレのない商品企画、販促に落とし込みます。
対象業種 化粧品・健康食品・日用品・医療品・ペット商品
回数 スケジュール名 具体的内容
1回目 現状の確認・ヒアリング 開発部門様、営業部門様、経営者様へのヒアリング
2回目 販売チャネルの策定 希望チャネルの販売戦略検討およびレクチャー
3回目 商品開発コンセプトの策定 希望チャネルで売れる商品コンセプト明確化のための意見交換、競合他社商品の洗い出し、ターゲットニーズの市場調査
4回目 販促企画の策定 目的および目標設定、予算確認、制作ツール決定
5回目 スケジューリング 具体的商品化、販促物作成、宣伝、営業、販売に向けての行動計画を立てる

パッケージプラン

マーケティング分野

NO.2

パッケージ
プラン名
売上アップにつながる広報・広告戦略について
指導効果
ポイント
販売チャネルによって、広告をしなくても売れる販売方法がありますが、どのチャネルでも、広報はお金をかけずに知名度と信用度が上り、ブランディングにつながる販促です。やみくもにお金をかけて様々な策を実行するのではなく、企業様の規模とチャネル別にどのような方法が効果的なのか最適な方法を見つけ出します。
広報指導した企業様の取材掲載実績↓
https://www.beauty-labo.jp/category/2102886.html
対象業種 全業種
回数 スケジュール名 具体的内容
1回目 現状の確認・ヒアリング 広告部門様、販促部門様、広報部門様、経営者様へのヒアリング
2回目 目標とテーマ策定 どのサービスをどうアピールしたいのかの戦略検討と売上目標設定
3回目 広報および広告ツールの策定 広報または広告ツール作成予算確認、スケジュール計画確認
4回目 広報ツール、広告内容等の確認 広報ツール、広告ツールの内容、原稿、デザイン等の確認、修正のアドバイス
5回目 広報、広告実施後の効果測定 広報、広告実施後の効果測定をして、次回の改善や変更案策定

お問い合わせ先

(公財)にいがた産業創造機構 産業創造グループ 企業サポートチーム
〒950-0078 新潟市中央区万代島5番1号 万代島ビル9階
TEL 025-246-0056(直通) FAX 025-246-0030