隠れた逸品

(上)干しいも(下)いももち
(上)干しいも(200g 494円)
無農薬栽培のさつまいも・玉豊(たまゆたか)を使用。ねっとりとした食感と素朴な甘みで人気
(下)いももち(200g 566円)
原料のさつまいもは紅東(べにあずま)を使用。オーブントースターで軽く焼くとさらに美味
冬季限定販売です。取扱を停止する場合もございますので、ネスパスまでお問い合せください


小木特産品開発センター
〒952-0604
新潟県佐渡市小木町1949-1
TEL 0259-86-2587 
FAX 0259-86-2587

小木特産品開発センター(佐渡市)の干しいも

匠渡市小木地区は、水に恵まれなかったことから、さつまいもの栽培が盛んでした。小木特産品開発センターでは、このさつまいもを利用した商品を考案。それが、昔ながらの「干しいも」と「いももち」でした。干しいもは、さつまいもの皮を厚めにむいて、一晩水に浸けてあくを抜きます。それを軟らかく蒸して、手作業でカットし、およそ20時間通風乾燥させればできあがり。また、いももちは蒸したさつまいもに少量の小麦粉、砂糖、塩を混ぜてついたもの。どちらも素朴な甘みで、冬のおやつとして多くの人に愛されています。


干しいもづくりの工程
蒸したさつまいもを一つ一つカットし、乾燥させる。干しいも作りはすべての工程が手作業
 
材料となる小木地区のさつまいも   マネージャーの菊地カヨ子さん
材料となる小木地区のさつまいも   「自然のものだけで作った素朴なおやつ。女性や子どもに、たくさん食べてもらいたい」と話す、マネージャーの菊地カヨ子さん