産地を訪ねて
新潟 旬だより ”なす”
6月上旬
~9月下旬
産地新潟市・燕市・
糸魚川市…など

新潟県民はナスが大好き。日本一のナス作付面積を誇る新潟県ですが、 その割に出荷量が少ないのは、農家や地元での消費量が多いためと言われています。 また、多様な品種が栽培され、それに合った食べ方も浸透しています。 例えば、小ぶりでみずみずしい「十全なす」は浅漬けに、大きくて柔らかい「やきなす」はその名の通り焼いて、 実の詰まった「越の丸なす」は煮物や炒め物にと、その美味しさを引き出すメニューでいただきたいもの。 また、「長岡巾着なす」、「魚沼巾着なす」など、ご当地の伝統品種も数多くあります。 ナスをこよなく愛する新潟で大事に育てられたナス。夏野食卓を豊かにしてくれる野菜です。

ナス種類
種類に合った調理法で美味しくいただきましょう!
ナス イメージ