産地を訪ねて
にいがた和牛(村上牛)(村上市:漆間平さん)

平成15(2003)年にスタートした、県産黒毛和牛の統一ブランド「にいがた和牛」。中でも村上牛は、ブランドをけん引する存在として市場や共励会でも高く評価されています。主な産地は新潟県北部の村上市、胎内市、関川村。トップブランド・村上牛がどのような環境で育てられているのか、村上市大関(おおせき)で村上牛を肥育する、漆間平さんの牛舎を訪ねました。
漆間さんの牛舎は市街地から車で15分、雪解け水が流れる門前川(もんぜんがわ)のすぐ側にありました。「牛たちには、何の心配もない環境を整えてあげたい」と話す漆間さん。大きな瞳で干し草を食む牛たちを見ていると、何ともゆったりとした時間が流れます。牛たちも、きっと同じように感じているはずです。

にいがた和牛の村上牛
牛舎は風通しがよく、牛たちはゆったりと暮らしています
にいがた和牛(村上牛)に関するお問い合わせ
JAにいがた岩船 営農部
〒958-0854 新潟県村上市田端町8-5
TEL 0254-52-0514 FAX 0254-52-4108
ホームページはこちら

Vol.02

漆間さん
昭和63年から本格的に村上牛を育てている漆間さん。現在、88頭の村上牛を育てている肥育名人です