ホーム ▷ITC新潟 設立趣意書

ITC新潟 設立趣意書

平成14年8月29日
ITC新潟発起人代表
和泉 寿郎

 IT革命は加速度的に進展している。産業界においては、経営革新のためのITの戦略的活用や新たなビジネスモデルを念頭に置いた戦略的情報化投資が推し進められている。一方、地方自治体においては、行政サービスの簡素化、高度化、効率化を目指した電子自治体の実現に向けた動きが急である。

 このような時代背景の中で、『経営者の立場に立って経営とITを橋渡しし、真に経営に役立つIT投資を推進・支援するプロフェッショナル』であるITコーディネータ(以下「ITC」という)の活躍が期待されている。ITCは、1999年に通商産業省(現 経済産業省)の産業構造審議会の提言によって誕生した新しい資格制度である。世界最先端のIT国家を目指す「e-Japan重点計画」では、2005年度末までに1万人のITCの育成を掲げており、日本のIT戦略を支える重要な人材基盤として位置付けられている。

 ITC新潟は、経営とITに関する諸問題を専門的に研究・実践することを通じて、新潟県内の企業、自治体における経営課題解決のための戦略的情報化投資を推進するとともに、会員相互の情報交流と啓発およびITCの社会的認知と地位の確立を目的に設立するものである。